ストーリー / 僕たちのママは、ダンサーなんだ。そう、ソーシャルダンスの!時間があれば、軽やかなステップで踊っているのさ。だから、ぼくたちの名前も、ダンスにちなんだ名前になった。一番上にいるのは、「タンゴ」姉さん。年長だし、淑女だから、いつもレディーファースト対応しているのさ。そんで、真ん中にいる頭に羽飾りをつけているのが、ぼくの兄貴「ルンバ」。掃除機のルンバじゃないよ、当然。男同士で、たまに喧嘩もするけど、頼りになるのさ。そして、みんなの土台になってるのが、僕、「ジャイブ」。一番年下だし、血気盛んでわがままだと言われてるけど。ただ、やりたいことがいっぱいあるだけ、みんなをリスペクトしてるさ。
実は、僕たちには秘密がある。ママがいない隙を狙って、家を抜けだし、ダンスの練習を始めたのさ。「タンゴ&ルンバ&ジャイブによるアフリカン・ダンサーズ。」近所の公園で、激しく踊っているのさ。大地のビートを刻むと、野生の血が騒ぐのさ。最近覚えたのが、組体操のごとく積み上がる三位一体のダンスパートなのさ。いつかすべての振り付けが完成したらお披露目したいね。ふふふ、こいつは、ママが見たら、ぶったまげるだろうよ。

Color pen
420mm x 594mm
Takahisa Hashimoto©2016 All Rights Reserved

close