Blog

乃木坂46・若月佑美さんとアート・レクチャー対談@MacFan

乃木坂46・若月佑美さんとアート・レクチャー対談@MacFan! 普段から絵を描き、二科展で連続入賞しているアーティスト・アイドルの若様(←こう呼ぶらしい)。今回は、ミティラー画作品などを鑑賞しながらその成り立ちについてレクチャーし、実際に描いて頂きました。約一時間で、コラボ作品もドロップ。楽しんでいただけたようで何より。

Interview with Yumi Wakatsuki from Nogizaka 46 on art! @MacFan Magazine. Ms. Wakatsuki is an idol and an artist who loves drawing pictures in her spare time. In the interview, I explained the background of my Mithila painting pieces while showing them to her. We also had an opportunity where she drew her Mithla-style pieces. After an hour, we completed our first collaborative piece!
若月佑美 OFFICIAL BLOG→http://blog.nogizaka46.com/yumi.wakatsuki/
MacFan→https://book.mynavi.jp/macfan/

Macfun.JPG

by takahisahashimo | 2017-07-14 22:31 | Works | Comments(0)

Ready to Surf won Merit Award at New York 3x3 Illustration Annual!

[Award]"Ready to surf"がニューヨークの 3x3 Illustration Annual で2年連続・Merit賞を受賞。以前ニューヨークを訪れた際に、ニューヨークで通用するイラストレーターには何が必要なのか?3x3の主宰者に尋ねたことがあった。まだ、自分の目標まで届いていないが、世界の強者イラストレーター相手に、嬉しい受賞です。作品は、葉山に引っ越したのに、海嫌いな友人の愛犬・ハルを描いたもの。ハルは、闘病中とのこと。早くよくなりますように。

Ready to Surf won Merit Award at New York 3x3 Illustration Annual. This was the second Merit, two years in a row. When I visited New York last time, I asked the chairperson of 3x3 what was required to be a renowned illustrator in New York. I haven't achieved my goal yet but winning this award made me proud, particularly because there are so many great illustrators out there. This piece is about Hal, a dog who hates the sea despite his owner, who is my friend, moved to a seaside town. I heard he is sick now. Hope he gets well soon.

HARU_02 のコピー.jpg

by takahisahashimo | 2017-06-17 22:15 | Art | Comments(0)

中学生のミティラー画家

2015年の夏、突然、福岡から中学生の松延希くんが訪ねてきた。ミティラー画を卒業課題にして学びたいというのだ。このレアな絵のジャンルに惹かれて、自分で歴史や画法などを調べ、描き始めるらしい。ミティラー画は、一般的には資料となるものは、ほぼ出回ってもいない。乏しい情報を頼りに、ミティラー画に執着して描いている僕のところにたどりついた。(柳宗理の弟にあたる柳宗玄が、インド民藝紀行の中に記したり、新潟十日町のミティラー美術館はあるが、それについては後日ふれたいと思う)それから、彼とミティラー画を通じ、東京と福岡とインドという不思議なトライアングル交流がはじまった。
希くんに会ってから、随分と経ったある日、メールでラフスケッチが送られてきた。「テーマは、とんこつラーメンとその職人になりました。」。親のアドレスから一文のそっけないメールがくる。見ると、テーマといいスケッチといい、博多っ子らしい提案じゃないか。お母さんに聞いたところ、とんこつラーメンが、好物らしい。
もともと、ミティラー画も冠婚葬祭や身の回りの生活を描くことから始まっている。このアイデアについては、何も助言していないので、彼のセンスで、生活の一部なのだろう。
それから、また半年くらいたった頃。「絵が完成しました。」とそっけないメールと添付された画像が来た。
ラーメンの湯切りをするラーメン職人と豚たちがラーメン鉢を囲んでいる。オリジナリティー溢れる「とんこつラーメン」が描かれていた。そして、想定していた以上に、ミティラー画の出来がいいのだ。
ミティラー画を描き始めた頃には、世代を超えてこのような縁を用意してくれるとは夢にも思わなかった。希くんには、このミティラー画を通じて何か感じてくれたら嬉しい。描くことを少しでも続けてみてほしいと心から思う。

matsunobu-1.JPG
Nozomu3.jpg

by takahisahashimo | 2017-03-03 18:50 | Art | Comments(0)

五木寛之さん「生きるヒント」の5冊がついに!

[Work]The Fifth book of "the Hints for Life" has been published. This concludes the entire series, published over five months. A great way to finish 2016!
ついに、表紙を手がけさせていただいた巨匠・五木寛之さんの「生きるヒント」の第5弾が発売!5ヶ月連続刊行されたシリーズも、この文庫本でついにコンプリート!2016を締めるのにこれ以上ない仕事だ。

Hint of life_650_170126.jpg

by takahisahashimo | 2017-01-26 16:01 | Works | Comments(0)

Society of Illustrators Annual Awards ニューヨークを受賞!

五木寛之さんのベストセラー「生きるヒント」の表紙イラストレーションが、ニューヨークの「Society of Illustrators Annual Awards 」を受賞。まだ、イラストレーターの実績が全くない日本人を、純粋に作品で評価してくれたのもこのアワードだった。それから、本格的にイラストをスタートさせることに。全米・世界から名だたるイラストレーターが集まるアカデミー賞みたいなものだけに、この中に名を連ねることは嬉しい限りだ。この作品「Jackson in New York」は、もともと、ニューヨークの個人コレクターのために描き下ろしたもの。それを巨匠作家・五木寛之さんに気に入っていただき、表紙に抜擢された作品です。Society of Illustrators、五木寛之さん、集英社文庫の方々、テラエンジンの高橋さん、Wendy、機会をいただきありがとうございました。さあ、もっと描こう。

A front cover illustration for Hiroyuki Itsuki's best-seller "Hints for Life" will be included in the Society of Illustrators Annual Awards Exhibition. Several years back, the SI awarded a totally unknown Japanese illustrator purely for my work, even though he had not received any major award before. In fact, that was my starting point as a professional illustrator. It is a genuine honour to be selected in the Exhibition and in book among other many renowned illustrators across the globe. Society of Illustrators, Mr. Hiroyuki Itsuki, staff from Shueisha, Mr.Takahashi and Wendy, thank you all for giving me a great opportunity. Now if you excuse me, I'll go back to draw more.

Jacson in New York_si.jpg

by takahisahashimo | 2016-11-25 10:54 | Works | Comments(0)

Entry

Categories

Archives

Comment

▲ページの先頭へ戻る